伝説といわれるダイヤモンド

存在感あふれるダイヤモンドの秘密

ダイヤモンド買取はカラット数で価格相場が決まっている

ダイヤモンドは数ある宝石の中でも輝きと澄んだ透明感で、長く人々の心を魅了してきた人気ナンバーワンの宝石です。 ですから、ダイヤモンドはそのものからあしらったアクセサリーまで、いつでも需要が高いです。 しかも、新品ではなくても、中古であっても人気が高いので、不要なダイヤモンドがあれば買取した方がお得です。 買取店でも積極的に買取りをしてくれるので、眠っているダイヤモンドがあれば、どんな大きさでも、形状でも一度査定をしてもらうことがお勧めです。

では、ダイヤモンドの価格はどのようにして決まるのでしょうか。 良く聞くダイヤモンドのカラットという言葉があります。 このカラットによって、ある程度の価格相場が決まっていますので、ダイヤモンド買取の際には基準値にもなります。

このカラットとはダイヤモンドだけではなく、宝石の重量をあらわす単位です。 1カラットは0.2gとなっています。 この数値によって、ある程度の価格相場がありますので、ダイヤモンド買取には欠かせない指標となります。 国際的な決まりではないものの、世界各国で使用されるダイヤモンドの共通単位で、日本でも宝石の重さの単位として一般的なものになっています。

ダイヤモンド買取の時には、必ずと言っていいほど重さを測定されます。 この重さをベースにして、あとはカット、カラー、透明度をトータルして、最終的な買取値段を出している場合が多いです。 その時にベースになる重さですから、重い方が値段も高くなる傾向があります。

しかし、大きければ重いわけではなく、ダイヤモンドの密度がないと、空洞の部分なども多く重さには繋がりません。 ですので、見た目の大きさでは判断できないのがダイヤモンド買取なのです。 そのためにも必ず重さをはかるのです。

ダイヤモンド買取の基準数値をあらかじめ提示しているお店が多いです。 1カラットいくらのように基準値を決めている場合がほとんどです。 この基準値は国際的な買取相場によって上下しますので、都度違いますので、値が良い時を選んで売るのも1つの賢い方法です。

この基準値に重さを掛けたものが買取のベース金額になります。 そこからダイヤモンドの状態によってプラスになったり、マイナスになったりします。 ダイヤモンド買取の時は、まずは提示されている買取の値をチェックして、少しでもプラスになるようにした方が良いでしょう。 また、重さの最低単位も0.2gからなので、さまざまな大きさのダイヤモンドでも値がつきやすい宝石でもあります。

PRサイト

ダイヤモンド買取業者を徹底比較!!高額買取ランキング

電話・メール相談室窓口はこちら。ダイヤモンド査定買取査定相談

オンライン査定サイト比較ランキングサイト