伝説といわれるダイヤモンド

存在感あふれるダイヤモンドの秘密

ダイヤモンドの色

ダイヤモンドの色は何色?

ダイヤモンドの色は何色だと思いますか?普通ダイヤモンドといえば無色透明?いいえ、そんなことはありません。ダイヤモンドには、無色透明以外にもたくさんの色と種類があります。むしろ、無色透明よりも黄色いものや褐色のもののほうが多いのです。皆さんが一般的に思い浮かべるであろう無色透明のダイヤモンドは、ホワイトダイヤと呼ばれるものです。王道のダイヤモンドで、人気も高く、女性なら一つは持ってみたいダイヤだと思います。このホワイトダイヤに対して、色つきのダイヤモンドはカラーダイヤと呼ばれています。

カラーダイヤにもピンク、ブルー、グリーンなど様々な種類があり、これらは無色透明のダイヤよりも稀少価値が高くなっています。カラーダイヤの中では、黄色いイエローダイヤは無色透明のものよりも一般的には価値が落ちるのですが、このイエローダイヤの中でも、鮮やかで美しい発色のものはホワイトダイヤよりも高値で取引されています。ピンクダイヤは、ホワイトダイヤよりもかわいらしいイメージなので特に若い女性によく似合うダイヤです。

採掘量が少なく、稀少なピンクダイヤの中でも、特に赤みが強いものはレッドダイヤと呼ばれ、大変な価値のある宝石として知られています。レッドダイヤと並んで希少価値の高いカラーダイヤが、ブルーダイヤです。ブルーダイヤは現存する数が少なく、ほとんど目にすることができません。かつてはフランス王も身につけていたとされるブルーダイヤは、スミソニアン博物館におさめられるほどの価値を持っています。そして、カラーダイヤの中には、黒色不透明のブラックダイヤもあります。このブラックダイヤは、アクセサリーとして評価され、有名な高級宝飾店の宝飾に使われています。芸能人にもブラックダイヤを使ったアクセサリーは人気のようです。

このように、ダイヤモンドには様々な色と種類があり、無色透明のものだけがダイヤではないということがおわかりいただけたと思います。現在では、ダイヤに人工的に手を加えて色をつけたものもよく見られます。こういった加工品は天然のものよりも安価に手に入りますが、やはり天然ものの美しさにはかなわないでしょう。ダイヤは、その輝きの美しさだけではなく、様々な色の美しさでも私たちの目を楽しませてくれます。同じダイヤでも色によってまったく違った美しさを持っているところが、ダイヤの魅力の一つであり、根強い人気の理由にもなっているのです。

PRサイト

ダイヤモンド買取業者を徹底比較!!高額買取ランキング

電話・メール相談室窓口はこちら。ダイヤモンド査定買取査定相談

オンライン査定サイト比較ランキングサイト