伝説といわれるダイヤモンド

存在感あふれるダイヤモンドの秘密

ダイヤモンドの大きさと輝き

良いダイヤモンドの条件・シンメトリー(対称性)カッティングについて

重さを表す「カラット」、無色透明・色を示す「カラ-」、汚れ・キズ内包物の「クラリティ」、形・デザインを示す「カット」があります。ダイヤモンドの価値を判断するこの4cはダイヤ鑑定を行う際に国際基準となっており、カットについてはブリリアントカットに対する基準となっています。ダイヤモンドを選ぶさいには、この4cが最も基本的な基準となっていますが「良いダイヤモンド」いえるのは、どんなダイヤモンドなのかを簡単に説明します。

宝石店や装飾店でダイヤモンドを見るとどんなものでもキラリと光り美しく見えます。特に大きなものであればあるほど魅力的に感じてしまい、ダイヤモンドの大きさと輝きは比例するものだ、と考えている方もおられます。しかし、ダイヤに関してはそう単純ではないことが他のダイヤと比較することでわかります。例えば、0.2~0.5カラットのダイヤと1カラットを超えるダイヤを比較した場合、重さにおける価値「カラット」においては1カラットダイヤの価値が高いことになります。

しかし、ここでは「クラリティ」の視点から確かめてみる必要があります。このクラリティの基準である、ダイヤの内部にキズや汚れなどの内包物を含んでいれば、ダイヤの持つ光沢や光の反射が鈍ることからカラット数の小さいダイヤモンドにも劣ることもあるのです。また「カット」による価値への影響にも触れておく必要があります。特にこの人の手を加える唯一の過程といえるカッティングの目指すことは、ダイヤの輝きを作り出すことで魅力を引き出すことにあり、このカットの出来によってダイヤの価値が大きく変化します。

このカッテイングにおいてはシンメトリー(対称性)が保たれていると、ダイヤを光に当てた際の輝きにバランスの良さを感じることができ、逆にシンメトリー(対称性)が保たれていないと、ダイヤを見る角度によって乱反射したように輝きがずれて見えるのです。また、ダイヤの深さが浅いと照り返しが少なく輝きを感じにくくなり、逆にダイヤが深すぎるとダイヤの輝きが目に届かずダイヤの暗さを感じてしまうことになります。大切な人へのプレゼントなら特にこの輝きに関して注意を払っておくと良いダイヤモンドを選ぶことができると言えます。その要素として、ダイヤを複数の角度や他のダイヤと見比べて光沢・透明感や輝きを感じることができる、同じく複数の角度から見てはっきりとしたバランスの良い輝きであることが大切なのです。

PRサイト

ダイヤモンド買取業者を徹底比較!!高額買取ランキング

電話・メール相談室窓口はこちら。ダイヤモンド査定買取査定相談

オンライン査定サイト比較ランキングサイト