伝説といわれるダイヤモンド

存在感あふれるダイヤモンドの秘密

伝説といわれるダイヤモンド

伝説といわれるダイヤモンドについて

ダイヤモンドの中でも特に輝きや質の違う伝説のダイヤモンドと呼ばれているものがあります。パシャダイヤモンドは1848年にエジプトの総督がどこから来たものか分からない宝石を購入したことに由来します。大きさが40カラットもあり形八角形をしていました。それからその宝石は行方が分からなくなりました。

再び姿を現したのはアメリカ人の手に渡ったときです。しかしこのアメリカ人はダイヤモンドの形が好きになれずに、宝石店に形を変えるようにカットして欲しいと依頼をします。これにより大きさが約38カラットになり指輪として生まれ変わったのです。その後この指輪は所有者がモンテカルロやインドやモロッコへと次々とかわっていきました。

1980年代になると、この宝石を宝石商が購入してここで再び大きさを変えるようにカットされました。現在は約36カラットで、世界最大のラウンドカットダイヤモンドとされています。ウィリアムソンダイヤモンドは1947年10月にケベックの地質学者がタンザニアの鉱山で54カラットのピンク色のダイヤを発見したことが始まりです。

イギリス王室の崇拝者であった人が1947年11月にエリザベス王女の結婚を祝って、このときに見つかった宝石の原石を王女に贈ったのです。この石は大変大きいので、研磨するのに多くの時間を必要としました。そして約23カラットというブリリアンダイヤモンドカットとしてきれいにカットされました。

1953年にエリザベス女王は自分の載冠式の時に、このダイヤを中央に付けてデザインした花のようなブローチを作ってくれるように依頼しました。できあがったブローチはエーデルワイスの花を表しています。この後の多くの式典でもエリザベス女王はこのブローチを身につけています。このほかにも1974年に発見された物は大きさが400カラットもあり、そこから100カラットにカットされたものは世界でもとても貴重なものとして取り扱われています。

宝石店に展示された際には、この当時で500万ドルの保険がかけられました。この宝石は無色で不純物がないという最高の品質を誇っています。それだけの価値があるものを熟練の技できれいにカットされているので、美しさは言葉では表せないくらいです。あまりにも大きいので赤ちゃんの握り拳ほどもある宝石といわれたこともあります。このように世界には歴史のある貴重な宝石がたくさんあり、中でも美しさが際だったダイヤモンドはその価値がはかりしれません。このような伝説のダイヤモンドをお持ちであれば、ダイヤモンド買取店で鑑定してもらうことで、その価値を理解することができると思います。

■おすすめサイト
ダイヤモンドの買取店では鑑定士が正しく査定・鑑定いたします

What's New

2016/06/15
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2016/05/20
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2016/03/02
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2016/02/09
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2016/02/02
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2016/01/04
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2016/01/04
エコにもなる断捨離にはダイヤモンド買取店を活用を更新しました

2015/07/27
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2015/07/27
伝説といわれるダイヤモンドを更新しました

2015/07/27
ポルノグラフィティやBUMP OF CHICKENに見るダイヤモンド買取ポイントを更新しました

PRサイト

ダイヤモンド買取業者を徹底比較!!高額買取ランキング

電話・メール相談室窓口はこちら。ダイヤモンド査定買取査定相談

オンライン査定サイト比較ランキングサイト